業務案内

WORK

  • HOME
  • 現場を知る

北星電気のお取引先のほとんどはプラントや生産設備工場となります。
長年培ってきた経験と技術が認められ、地元の静岡市・富士市はもちろん、最近では首都圏や東海・関西と対象エリアが広がっています。

工場の安全を
電気工事で支える責任

最善の提案で
生産設備環境を整える

一般住宅や店舗の電気工事とは違い、プラントや生産設備工場といった大規模な現場での電気工事は求められる技術やスキルが違います。
出力電圧も大きい上に工場の基盤となる部分はとても繊細。生産ラインに影響が出ないよう施工管理をしなければいけません。

現場調査では各機械の役割や配置を理解した上で施工図面を作成し、それに基づく段取りを行います。
最小限の材料で最善なルートを確保することがいい電気配線の条件です。
すべての工程を一人でこなせるようになるまで10年はかかると言われる業界ですが、常に需要が高く安定的に成長できる分野です。

北星電気の対応電気工事

高圧受電設備工事

お客様が電力会社から供給を受けた電力をお客様の構内で使用するために電圧を変成(減圧)するための設備を受変電設備(キュービクル)といいます。
「工場の心臓」と呼ばれるほど重要な部分で、安全な工場の操業にかかせないものです。

主な工事内容
・トランス更新・トランスオイル交換
・高圧遮断機の交換・接地(アース)の改修
・熱対策(換気扇の取付・交換)・錆び対策
・小動物(ヘビ・ネズミ)進入対策・高調波対策

分電盤工事

照明やコンセント、機械などに電気を供給する装置を分電盤といいます。
過電流や漏電などの異常が発生した際には自動的にブレーカーが遮断し安全を守ります。
分電盤が故障するとそれにつながる機械にも影響を与えるので、定期的な保守点検が必要となります。

主な工事内容
・分電盤の作成
・保守/ 点検

恒温恒湿槽の組み立て& メンテナンス

恒温恒湿槽とは、精密度の高い試験環境づくりに必要不可欠な装置のこと。
部品の耐久性試験や医薬品・化学薬品・化粧品・食品などの保存安定性試験、包装資材の研究開発や品質管理工程の確認に使われており、組み立て設置やメンテナンスでは高度な専門性が必要です。

採用情報採用情報