こんにちは!静岡県静岡市に拠点を構え、幅広い電気工事に取り組んでいる有限会社北星電気です。
未経験の方で、電気工事士がどんな工事に取り組むのか疑問に思う方もいるかと思います。
そこで今回は、電気工事士が取り組むプラント電気工事についてご紹介いたします。
電気工事にご興味がある方の参考になればうれしく思います。

プラントとは


プラントとは、資源の生産に必要な設備一式がまとまった施設のことです。
例えば、セメントの生産には、原料である生コンクリートの貯蔵や焼成、出荷などの工程があります。
上記の各工程をこなすための動力源や、情報を処理するための設備がまとまっているのがプラントです。
プラントは、入手から即加工に移れるように原材料が取れる場所に設置されるケースもあれば、海外などから輸入を行うため取れる場所とは関係なく設置されるケースもあります。
このプラント電気工事はさまざまな現場で施工するため、電気工事士としてやりがいを感じられるといえるでしょう。

プラント電気工事

プラント電気工事は、プラントで必要とされる電気設備を整える工事です。
照明やコンセントなど、一般家庭で用いられる電気設備を整える工事もプラント電気工事に含まれます。
また、プラントで使用する制御盤につながる配線を整える工事など、専門的な工事にも取り組みます。
そのため、プラント電気工事では電気工事士としてのスキルを活かして、さまざまな施工に対応できることが必要です。
また、設置するだけでなく、省エネになる設備の設置などを考えることもあります。
お客様が効率的に業務を進められるような電気設備を導入することも、プラント電気工事では大切です。

扱う設備について

プラント電気工事では幅広い電気設備を扱います。
例えば、プラントで使用する機器に電力を供給する動力設備や、照明設備などが挙げられます。
また、計装設備などのプラントならではの設備を扱うことも少なくありません。
計装設備は制御装置やセンサーなどが組み合わさったもので、施設の稼働を支える重要な設備です。
この計装設備があることで、少ない人員配置でも施設が稼働できるようになるため、プラントの運用に欠かせません。
このように電気設備工事ではさまざまな設備に対して施工を行います。

【求人】北星電気では新規スタッフを募集中!


有限会社北星電気では現在新規スタッフの求人を行っております。
経験者、未経験者問わず採用しており、電気工事にご興味がある方は弊社で経験を積むことが可能です。
また、業務に必要な資格は全額会社負担で取得を支援するなど、スキルアップできる環境も整っています。
最初は、現場の流れや部品の名前を覚えるなどの基本的な作業からスタートしていただきます。
弊社業務にご興味をお持ちの方はぜひご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


静岡市の電気工事業者は有限会社北星電気

ただいま業務拡大のため、駿河区や葵区などで電気工事スタッフを求人中です。

〒424-0904 静岡県静岡市清水区駒越中2丁目1番63-3号
電話:054-335-1394 FAX:054-336-2722
代表直通:090-4865-2421