コラム

column

電気設備メンテナンスの目的とは?

こんにちは!有限会社北星電気です。
弊社は、静岡県静岡市に拠点を置き、富士市をはじめ各地で電気工事を行っております。
2000年に創業以来、受変電設備工事や分電盤工事などさまざまな現場で実績を積んでまいりました。
弊社の業務の1つに、電気設備のメンテナンスがございます。
では、実際にメンテナンスはどのような目的で行われているのでしょうか。
ぜひ最後までご覧ください。

定期点検


オフィスビルやショッピングモールでは、定期点検が行われます。
月次のものから年次のものまで、場所によってさまざまです。
大型の施設では、電気設備1つの不具合が全体の不具合へつながります。
建物内で停電が起きてしまうと、経営することもできません。
そのような事態を防ぐためにも、メンテナンスが義務づけられているのです。
定期点検では、キュービクルの確認や漏電がないかなどを調査します。
埃による火災を防ぐためには、周辺の清掃も欠かせません。
オフィスビルやショッピングモールで働く方はもちろん、足を運んでいるお客様を守るためにも、メンテナンスは大切です。
電気工事の将来性がある理由ともいえるでしょう。

設備保全

工場において、機械や電気設備は正常に稼働することで生産性を高めます。
日々の業務において、機械が稼働していない状態はないでしょう。
しかし、毎日使うものは劣化も避けられません。
機械や電気設備においても寿命は付き物でしょう。
そこで、不具合が出る予兆を察知したらメンテナンスのタイミングです。
壊れてから直すよりも、時間とコストの削減につながります。
また、メンテナンスで不具合を発見した場合は速やかに対処しなければなりません。
その他にも、劣化に伴う部品交換なども設備保全の1つです。
メンテナンスと一口にいっても、業務内容は幅広くあります。
現場によって異なるため、多くの知識を取り入れることができるでしょう。
電気工事士のやりがいといえるのではないでしょうか。

有限会社北星電気で働きませんか?


静岡市や富士市で活躍する弊社の求人では、新規スタッフを募集中です。
電気工事の仕事が初めての方には、部品の名前から丁寧に指導いたします。
ゆくゆくはさまざまな現場を経験していただき、着実に成長いただけるでしょう。
経験者の方には、能力に応じて昇給制度がございます。
「技術を磨きたい」「知識を生かしたい」とお考えの方にはピッタリの職場環境です。
ご興味を持っていただけましたら、弊社の求人情報フォームよりご連絡ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。